count0.org

Steam OSをインストールしてみた

18 May 2014 linux

はじめての自作PCのきっかけとなった壊れたXPS8100にSteam OSをインストールしてみました。

まず故障したHDDを安いHDDへ取り替えました。次に地味なところなのですが、テレビとHDMI接続する際グラボ側にはHDMIの変換コネクタが必要だったりします。後述しますが、ゲームのコントローラーがあると助かります。使いすぎても安心の耐久性を誇るXBOXのコントローラーがオススメです。

Build your own Steam Machineに書かれている必須スペックは

  • IntelかAMDの64bitプロセッサ
  • 4GB以上のメモリ
  • 500GB以上のHDD
  • NVIDIAのグラボ(AMDとIntelのサポートはもうすぐさ! )
  • UEFIブートできるマザボ
  • USBスティックを使ってインストールするのでUSBポート

問題なしと思いきや、XPS8100はUEFIをサポートしていませんでした。終わり。

が、終わりません。ValveはUEFIをサポートしていないシステム向けのISOをリリースしていました。すばらしい。ISOをWin32 ディスク Imagerを使ってUSBスティックに書き込めばインストールメディアの出来上がりです。

あとはUSBスティックをPCに差し、PC起動時にF12連打でブートメニューを呼び出し、USBスティックから起動します。Windowsとデュアルブートすることもないので、Automatic InstallでHDDの中身を全部消しシステムをインストールします。

インストール後、Gnomeが立ち上がりSteamへのログインを求められます。その後再起動を経て今度はSteamのBig Pictureモードが立ち上がります。

Daisywheel

初期設定が始まり、再度Steamにログインするように情報を求められますが、キーボードは英語配列なんですね。コントローラーを使ってDaisywheel入力です。

システム情報

素のXPS8100ではなくて、電源とメモリは交換してあったりする。

Linux対応のゲーム一覧

Linux対応のゲームがずらり。EU4も対応しているとは驚き。

使わなくなったPCをゲーム機(Steam Machine)にできればと思いSteam OSをインストールしてみましたが、なんとも巨大なゲーム機の出来上がりです。

リビングに置いても違和感のない大きさのSteam Machineで親機からゲームストリーミングができればかなりいいなと思いました。

追記

2014年5月22日にゲームストリーミングができるようになりました。

また、キーボードレイアウトが英語配列になっている問題はSteam OSの設定でLinuxデスクトップを有効にし、Gnomeの設定でキーボードレイアウトをJapaneseにすればOKでした。

他にはHDMIで音声が出力できない問題もあるのですが、GithubのIssueを見てもなかなか解決できません。